ICO アルトコイン(仮想通貨)

ICOで3.5億円以上を調達!ALIS(アリス)とは?ICOの参加方法など徹底解説

更新日:

ALIS(アリス)とは

ALISとは日本発のブロックチェーンを使ったソーシャルメディアプラットフォームです。ALISによると類似サービスのSTEEM(https://steem.io)が300億円以上の評価を得ていることに感銘をうけ、 より分かりやすい形のメディアを日本に作ることをミッションにしています。仕組みとしてはメディアを邪魔な広告ではなくトークンによりライターに報酬を払うことで面白い価値あるコンテンツが集まる仕組みを作ろうとしています。

ALISのICOについて

2017年9月1日よりALISのICO(トークンセール)が開始しています。ICO(クラウドセール)期間は2017年9月1日11:00〜2017年9月29日10:59(日本時間)となっています。

ALISのICO価格について

ALISトークンは4週間によって販売されますが、週ごとに価格が変動します。
WEEK1(9月1日〜9月8日):2900 ALIS = 1 ETH
WEEK2(9月8日〜9月15日):2600 ALIS = 1 ETH
WEEK3(9月15日〜9月22日):2300 ALIS = 1 ETH
WEEK4(9月22日〜9月29日):2000 ALIS = 1 ETH

ICOで調達した資金の使い方

資金調達した資金は下記の割合で使われる予定です。

1. 25%: 優秀な開発メンバーのアサイン(特に優秀な UI/UX デザイナー1 名、WEB デザイナー1 名、
フルスタックエンジニア 4 名)
2. 25%: ユーザ集客のためのマーケティング費⽤
3. 25%: 国内事業者として認可されるための申請費⽤
4. 25%: 初期に協⼒してくれたメンバーや今後協⼒してくれるパートナーに対する費⽤

3.5 億円の調達をオーバーした分に関しては、基本的にはマーケティング費⽤にほとんどを投じるようです。

ALIS は初期発⾏枚数として 5 億枚を予定しており、そのうちの最⼤ 2.5 億枚をICO(クラウドセール)で販売します。売れ残った ALIS に関してはALISチームが3 年間は引き出せないようスマートコントラクトで縛る予定です。

ALISがICOで集める金額

最低調達金額: 11,666ETH(2017年9月14日現在で約3億5,500万円)
最高調達金額: 125,000 ETH(2017年9月14日現在で約38億円)

ICOでの調達額によって実装する技術を変更

最低⾦額の 3.5 億円に近い⾦額を調達した場合

Ethereum 上のチューリング完全な環境を⽤いて ALIS トークンのアルゴリズムを実装することを検討し
ている。ただし、gas プライスの⾼騰が問題になると想定されるため、Ethereum ブロックチェーンへの書き込み回数を減らす(=トークンが配布されてから次の配布までの期間を伸ばす)ことが想定される。

5 億円以上調達することができた場合

Ethereum ブロックチェーンとプライベートブロックチェーンを組み合わせたシステムを構築することを検討する。また、プライベートブロックチェーンは独⾃開発ではなく、既存のブロックチェーンをフォークしチューニングしたものを活⽤する予定である。

ALISのICOの参加方法

ALISは公式ブログでMyEtherWalletからICOに参加する方法を公開しているので詳しいICOの参加方法についてはそちらの記事を参照ください。イーサリアムを持っていない方・MyEtherWalletのアカウントを作成していない方は事前の準備をしましょう。ALISトークンをMyEtherWalletで購入する方法

イーサリアムを持っていない方:コインチェック,ビットフライヤー などのイーサリアム(Ethereum)を取り扱っている国内取引所でアカウント登録をし、イーサリアムを購入しておきましょう。

MyEtherWalletアカウントを持っていない方:MyEtherWalletでアカウントを作成しておきましょう。

ALISのICO参加前にやっておきたいこと

1.ALISのホワイトペーパーを読む

ALISだけでなく全ての仮想通貨に共通して言えることですが仮想通貨に投資際はなるべく、ホワイトペーパーに目を通してロードマップ(計画)やどんなことを目指しているのかなどを確認しておきましょう。

2.ALISのtrelloを見てみる

ALISはプロジェクトの進捗などをタスク管理ツールtrelloで共有しているので、どんな感じでプロジェクトが進んでいるのか確認しておきましょう!ALISのTrelloはこちら

3.ALISの公式Twitterアカウントをフォローしておく

他のICO案件同様、公式Twitterアカウントで最新情報を流すことが多いです。ぜひフォローしてALISの情報をリアルタイムに得ましょう。

ALISまとめ

すでにICOで調達最低金額の3.5億円以上を集めたALIS。日本発のICO案件だけにICOでどこまで資金調達できるのか、サービスはどのようなものになるのか楽しみですね。この記事がALISのICOに興味がある方の一助になれば幸いです。







初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキング

1位:コインチェック(coincheck)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン・仮想通貨初心者に1番おすすめしたい取引所はコインチェックです。コインチェックは日本のビットコイン取引量(現物)で最大規模の取引所であるほか、ビットコイン以外のアルトコイン(イーサリアムやNEMなど)も数多く取り扱っています。また、初心者にも使いやすい取引画面・アプリを出しているのでいつでもストレスなく仮想通貨取引ができるのが魅力です。

コインチェックのおすすめポイント

  1. ビットコイン取引量日本No1
  2. 使いやすいアプリで取引が可能
  3. ビットコイン以外の仮想通貨の取り扱い多数

最大5,000円キャッシュバックキャンペーン中!!

メールアドレスとパスワードだけで1分以内に無料登録できます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

2位 :ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェックに並び、ビットフライヤー(bitFlyer)も初心者にとてもおすすめな取引所です。3年連続ビットコイン取引量・ユーザー数で日本1となっているため仮想通貨取引所では日本最大手の位置付けの取引所です。(最近ではコインチェックの規模がどんどん拡大してきています)取引画面も見やすく、コインチェックよりビットフライヤーの取引画面の方が使いやすい!という方も多くいます。ビットフライヤーのアカウント自体はすぐに作れるのでコインチェックと同時にアカウントを作成しておくことをおすすめします。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)のおすすめポイント

  1. ビットコイン取引量(FX含む)・ユーザー数が3年連続日本一
  2. FX取引・先物取引が可能(レバレッジは最大15倍まで)
  3. ビットコイン損害保険もあって安心

取引するだけで5,000円プレゼントキャンペーン中!!

メールアドレスとパスワードだけで1分以内に無料登録できます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

3位:Zaif(ザイフ)

3位は取引手数料がマイナスのZaifです。取引手数料を無料にするビットコイン取引所は多いですが、手数料がマイナスな取引所はほとんどありません。取引するほどプレゼントとしてお金がもらえるので取引がどんどん楽しくなっていく取引所です。簡単売買画面などもあり、まだ取引に慣れてない方にもおすすめの取引所です!最近話題のICOプラットフォーム「COMSA」への連携が楽でICOへの参加でも有利になる取引所です。

  1. 取引手数料が-0.05%とマイナスなので取引すればするほどお得
  2. 取引に慣れていない方のための簡単売買サービスがある!
  3. ビットコイン取引高は日本4位

手数料がマイナスで取引すればするほどお得に!

最近話題のICO(トークンセール)にも参加しやすい取引所!

-ICO, アルトコイン(仮想通貨)

Copyright© ビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキング【2017年決定版】 , 2017 All Rights Reserved.